トップ > 脱毛に関する知識 > 無駄毛の自己処理と脱毛はどちらが良い?

無駄毛の自己処理と脱毛はどちらが良い?

無駄毛のお手入れは多くの女性にとって悩みの種だと思います。 小学校高学年から中学生にもなると無駄毛が気になってきますよね。 中学生くらいで無駄毛のお手入れをしようとするとカミソリで剃ったり、毛抜きで抜くといった方法が多いでしょう。 カミソリや毛抜き程度ならお小遣い程度で購入できますから、このような方法が多くなりがちです。

カミソリや毛抜きで無駄毛を処理するのはお手軽ですが、肌を傷めてしまうというリスクがあります。 カミソリで無駄毛を剃るときには、シェービング用のジェルやフォームなどを使ってなるべく刺激が少なくなるようにお手入れしましょう。 しかし、どんなに丁寧行ってもカミソリを使うと肌を傷つけることになります。

カミソリで無駄毛を剃った後で肌がヒリヒリしたり痒くなったりしたことはないでしょうか? また、赤く炎症を起こしたことはないでしょうか? このような症状が出るのはカミソリによって肌が傷つけられているからです。 優しく肌を傷つけないようにしているつもりでも目に見えないような細かい傷がついてるのです。

外部刺激を受けたときの肌の炎症により色素沈着が起きると黒ずみやシミの原因となります。 カミソリなどで無駄毛の処理を何度も続けていると肌が黒ずんだりシミができたりします。 脇毛をカミソリでずっと処理していたために脇が黒ずんでしまい悩んでいる人も多いです。 脇だけでなくビキニラインやデリケートゾーンの黒ずみになりやすいです。

お風呂でカミソリを使った無駄毛処理をする人も多いと思いますが、一つ気をつけたいことがあります。 それは、お風呂のお湯には雑菌が繁殖しているということです。 カミソリで無駄毛処理をした後は肌に傷がついていますが、この状態で湯船につかると傷に雑菌が入ってしまいます。 これが原因で肌トラブルを起こすことがあるので、カミソリでのお手入れ後は湯船に入るのではなくシャワーで流す程度にしましょう。

カミソリだけでなく毛抜きでも肌トラブルのリスクがあります。 毛抜きで無駄毛を抜くと毛穴に大きな負担がかかります。 毛穴に大きな力がかかるので毛穴が炎症を起こしたり、毛穴が開いてしまうといったトラブルが起こりがちです。 すると毛穴の目立つ肌になったり、開いた毛穴に汚れがたまりニキビのできやすい肌になったりします。 毛抜きで抜いたとしても毛根は残っているので時間が経てば再び無駄毛が生えてきます。 再び毛が生えてくるときに肌の下に埋まってしまう埋没毛という状態になることもあります。

このような肌トラブルを防ぐには無駄毛を脱毛してしまうのがおすすめです。 一度脱毛が完了すれば無駄毛の自己処理が必要なくなります。 そうすれば自己処理による肌トラブルのリスクもなくなるというわけです。 カミソリや毛抜きで肌を傷めることがなくなるので、その結果としてお肌も綺麗になるでしょう。

脱毛によるメリットはそれだけではありません。 無駄毛を脱毛すれば毛穴から生えている毛がなくなるわけですから、毛穴が閉じて引き締まってきます。 そうすれば毛穴の目立たない肌になりますし、化粧ノリも良くなります。 このようなことから無駄毛の自己処理をするよりも脱毛してしまうのがおすすめです。

脱毛には自宅で出来る家庭用脱毛器を使うか脱毛サロンで光脱毛などを受けるといった選択肢があります。 家庭用脱毛器は脱毛サロンでの脱毛と比べて効果が低いです。 当サイトでは脱毛サロンでの光脱毛をおすすめします。

無駄毛のお手入れは多くの女性にとって悩みの種だと思います。 小学校高学年から中学生にもなると無駄毛が気になってきますよね。 中学生くらいで無駄毛のお手入れをし