トップ > 脱毛に関する知識 > 脱毛サロンやクリニックで行っている施術方法の違い

脱毛サロンやクリニックで行っている施術方法の違い

脱毛サロンでの脱毛方法にはいくつかの種類があります。主なものは光脱毛、美容電気脱毛、ワックス脱毛です。 この中でも人気が高いのは光脱毛になります。 他に人気の脱毛法としてレーザー脱毛があります。 レーザー脱毛は脱毛サロンや脱毛エステでは受けることができません。 レーザー脱毛を受けるには医療機関(脱毛クリニックや美容外科など)でなければいけません。

一昔前までは、脱毛サロンでの施術といえば電気脱毛が主流でした。電気脱毛はニードル脱毛とも呼ばれ、毛穴に電流を流すことでムダ毛を処理します。電気脱毛ではムダ毛を一本ずつ確実に処理していくのですが、強い痛みがあります。一本ずつ丁寧に処理していくので、時間がかかり料金も高くなります。以前は脱毛が高額だったのは電気脱毛が主な方法だったからです。最近では光脱毛やレーザー脱毛が増えてきたため、料金もかなり安くすることができています。

現在、脱毛サロンで最も多く行われているのが光脱毛です。フラッシュ脱毛とも呼ばれます。 光脱毛は黒い毛に反応する光を照射し、熱エネルギーで毛根を変性させる施術です。 光脱毛は一度に広い範囲を施術できるため、短時間で処理が終わり、料金も安く抑えることができます。 電気脱毛やレーザー脱毛と比べると、光脱毛は痛みが少なく肌に優しいのが特徴です。 脱毛サロンのホームページを見ると、光脱毛は輪ゴムでパチンと弾く程度の痛みと言われています。 肌へのダメージが少ないので、肌トラブルも少なく、脱毛後は綺麗に仕上がります。

光脱毛と似たような脱毛方法にレーザー脱毛があります。 レーザー脱毛は、脱毛サロンやエステでは扱うことができないため、医療クリニック等で受けることになります。 そのため、光脱毛よりも料金が高額になります。 レーザー脱毛は光脱毛よりも強い光を使うので、効果が高いと言われていますが、強い痛みがあります。 部位によっては痛みが強く我慢できない人もいるため、クリニックによっては麻酔を利用することもあります。 レーザー脱毛を受けたいけど、痛みがきになるという場合は、そのような麻酔を利用するクリニックを選ぶと良いでしょう。

光脱毛もレーザー脱毛も一度の施術を受けただけでは完了しません。 それは毛周期というものが関係しています。 人の毛は表面に見えている以外に、肌の下で休んでいる状態の毛根があります。 この休んでいる状態を休止期と言いますが、毛が生えていない状態です。 しばらく時間が経過すると休止期だった毛根が成長期になり、新しい毛が生えてきます。このサイクルを毛周期といいます。 光脱毛やレーザー脱毛では、休止期の毛根には効果がなく、成長期の毛根にのみ効果があります。 そのため、毛周期が経過するごとに何度も施術をすることで、全てのムダ毛を処理できるというわけです。 ツルツルになるまで処理するにはレーザー脱毛で5~10回、光脱毛では6~12回程度必要です。 脱毛効果には個人差があるので、これ以上の回数が必要になる方もいます。

サロンで行っている他の方法にはワックス脱毛があります。 粘着力のあるワックスを塗って毛根ごと抜き取ります。 Vラインなどを中心に行うのをブラジリアンワックスと言います。 ムダ毛を引っ張って抜くだけなので、一時的な効果しかなく、時間がたてば再び毛が生えてきます。 引き剥がす際に肌に負担がかかるので、敏感肌の人には適しません。

脱毛サロンでの脱毛方法にはいくつかの種類があります。主なものは光脱毛、美容電気脱毛、ワックス脱毛です。 この中でも人気が高いのは光脱毛になります。 他に人気の